QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2011年03月10日

商売の基礎

誰も見ていないようで、必ず誰かが見ているもの。
ささいなことをおろそかにしない人には、いずれ必ず信用という贈り物が。
逆もまたしかり。

商売の基礎=信用

Posted by 新居輝英★中小企業診断士・社労士 at 15:17│Comments(2)
この記事へのコメント
 私も長く営業職についていましたが、10年ほど地道に客先廻りをしているうち、その後は毎月売上の70%は既存顧客の紹介で受注が埋まるようになりました。人は自分が信用している人間しか紹介は出しません。
 信用を作るのは、結局、地道な日々の努力しかないようです。近道はないみたいですね。
 現職時代を思い出しました。
 いいお話だと思います。
Posted by 古本舗ー多摩 at 2011年03月10日 17:08
いつもありがとうございます。
素晴らしいエピソードですね!
おっしゃる通り、紹介する側にたって考えると、信用がいかに重要か痛感いたします。
今晩は信用構築のために飲みニケーションしてきました(笑)
Posted by 新居輝英★中小企業診断士・社労士新居輝英★中小企業診断士・社労士 at 2011年03月10日 23:42
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。